• catlover256

小笠原の鳥


昨夜、我が家の鳥が亡くなりました 購入した雛の段階で 既に病気に罹患していて 生後半年で亡くなる可能性が高いと 鳥の病院の獣医師に言われ 覚悟していたのですが 10年近くご機嫌に生きてくれました 別れはいつも辛く、 私は親として責務を果たせたのか、 彼女は幸せだったのか、 自問自答しまくり その前に見送った文鳥は 起立不能になり2年間介護生活 楽天的な彼はコロンコロンしながら 私を待っていました 我が愛する子達、 すべて私に沢山のメッセージを残して 天に召されました 私はというと泣きながら、 思い出に浸りながら、 悩みながら、 でも最後は私のもとに来てくれて ありがとうという 感謝の念でいっぱいになる 子供の頃から猫も鳥も大好きなので 猫を殺処分(怖い言葉!)せずに 絶滅危惧種の幻の鳥を救うという 小笠原の活動には感銘をうけました 今日は仕事が終わってから 哀しみから逃げるように ふらりと ジュンク堂池袋本店に行きました 鳥のコーナーで いろんな鳥の本にまみれていた時 この本に出逢いました 今夜はお酒を飲みながら 本を読み、 猫と鳥を想って寝ます 猫と鳥の幸せを願いつつ〜💕 


0回の閲覧

 Copyright © 2004 Hidamari Cat Clinic  All Rights Reserved.

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon